普天間基地問題、野田総理に提言

繧ヲ繧ィ繝・ヶ_convert_20120412113644遏ウ莠廟convert_20120412113734莨夊ュー蝣エ_convert_20120412122351 
  4月6日(金)に米国の上院議員で、民主党レビン軍事委員会委員長、共和党マケイン上院議員と共に米海兵隊の嘉手納統合案を主張する三名の議員グループの旗振り役でもあるジム・ウェッブ上院議員を参議院議員会館内の国際会議室に招き、民主党の有志参議院議員による「沖縄・本土・米国の連携による沖縄の未来を考える会~普天間固定化を避けるために~」を開催しいたしました。
  言うまでもなく普天間基地問題は、今や日本政府が直面する最大の政治課題であり、政府・与党としても真剣に取り組まなければならない喫緊の課題であります。
ジム・ウェッブ上院議員と我国の衆参両院議員が超党派で意見交換をいたし、それを踏まえ、民主党の有志参議院議員によって提言をとりまとめました。
    その後、直ちに記者会見を開き、10日(火)には総理官邸に野田総理を訪ね、下記の通り提言書を手渡す予定です。

DSCN1696_convert_20120412113914.jpgDSCN1687_convert_20120412113818.jpg         
  ====================================================================================

提      言
平成24年4月6日
民主党参議院議員有志による普天間飛行場暫定移設案

   政府は、沖縄における施設および区域に関する特別行動委員会(SACO)報告に基づき、同施設を名護市辺野古キャンプ・シュワブ沖合に移設させることを米政府と合意してすでに15年の年月を空費してきた。本合意に対する地元の理解はいまだに得られておらず、普天間飛行場の長期の使用継続が懸念される。駐留米軍は我が国の安全保障上重要であるが、その負担を一方的に沖縄に押しつけてはならず、この時期に、普天間早期返還を実現されるために責任ある決断が必要である。ここに、既存の施設への統合・移転を含め、以下を実現させるための検討および米側との協議を行うよう政府に対し求めるものである。 

   1)普天間の早期返還が最優先課題である。
   2)アメリカが米軍再編を行おうとしているこの時期を失することなく実現 させる。
   3)辺野古埋め立て案は、最近の沖縄の県民感情を踏まえて当面、凍結する。
   4)米上院の提案する新嘉手納移設案、または既存の基地への暫定的な陸上基地内移転を検討する。
   5)嘉手納以南の基地返還を早期に実現する。
   6)全国基地協議会の理解と協力を得て、一部施設を国内に移転し、沖縄への負担を軽減する。
   7)移転の場合は、騒音の軽減を含め、周辺への影響を極力軽減させる。
   8)各種の訓練は、極力、県外・国外で実施する。
   9)沖縄振興策や環境改善をさらに拡充する。
10)基地と周辺自治体との連携を強め、地位協定の改善を検討する。
 

沖縄・本土・米国の連携による沖縄の未来を考える会
 ~普天間の固定を避けるために~
石井       一
高橋    千秋 
今野       東
川上    義博
松野    信夫
谷岡    郁子
大河原雅子
武内    則男
風間    直樹
大野    元裕

  ***************************************************************************************************************
    また、ジム・ウェッブ上院議員に対して、下記の書簡を手渡しました。

Dear Senator Jim Webb, April 6, 2012

Thank you for your taking time to meet us at the Diet building. We are also most grateful that you have taken the trouble to meet the Governor and many mayors in Okinawa.

A new caucus of Japanese Diet members, tentatively called “Diet Caucus to Discuss Okinawa’s Future on the Basis of Cooperation between Okinawa, Mainland Japan, and the United States” and chaired by myself, has announced to support in principle the proposal by Chairman Webb, Chairman Levin, and Senator McCain to move U.S. Marine Corps assets at MCAS Futenma to Kadena Air Base while dispersing a part of U.S. Air Force assets now at Kadena to Andersen Air Base in Guam and elsewhere.

May we request you, dear Senator Webb, to encourage the United States Government to rethink military basing in East Asia, while we the Japanese Diet members will work on the Government of Japan to rethink the current plan to move Futenma off the coast of Henoko.
Please keep our proposal in the next page in mind as you act in the USA.

With deepest gratitude and utmost respect,

Hajime Ishii, Chairman, Committee on the Budget, House of Councillors. Chiaki Takahashi, Member, Members of the House of Councillors
Yoshihiro Kawakami, Members of the House of Councillors
Nobuo Matsuno, Members of the House of Councillors
Azuma Konno, Members of the House of Councillors
Kuniko Tanioka, Members of the House of Councillors
Motohiro Ohno, Members of the House of Councillors
Norio Takeuchi, Members of the House of Councillors
Naoki Kazama, Members of the House of Councillors
Masako Okawara, Members of the House of Councillors

Proposal for Provisional Relocation of
U.S. Military Bases in Okinawa

1. Reversion of U.S. Marine Corps Air Station Futenma is the top priority.
2. We shall accomplish it with the ongoing global realignment of U.S. military forces as the window of opportunity.
3. The plan for a landfill off the coast of Henoko shall be put on hold in light of recent popular sentiment in Okinawa prefecture.
4. The two alternatives for action are: (a) the recent proposal by United States senators for relocation to Kadena Air Base; and (b) provisional relocation on the grounds of other U.S. military bases.
5. Implement early the reversion of the bases south of Kadena.
6. On the basis of understanding and cooperation by the Council of Military Base Host Communities (Zenkoku Kichi Kyogikai), relocate some U.S. military assets from Okinawa to elsewhere in Japan, and thereby reduce the burden on Okinawa.
7. In case of relocation, reduce the impact on neighboring communities, such as noise.
8. U.S. military forces shall train outside Okinawa as much as possible.
9. Replenish and fortify programs for promotion of Okinawa’s economy and for environmental mitigation.
10. Strengthen the ties between the U.S. bases and local communities, and seek to revise the U.S. - Japan Status of Forces Agreement.