参議院予算委員長に就任

DSC_0085_convert_20110928182737.jpg
莠育ョ怜ァ泌藤莨喟convert_20110928183426 
   野田新内閣誕生にあたり、参議院予算委員長に就任をいたしました。
   臨時国会は、まず、野田総理大臣所信表明演説に始まり、続いて本会議で衆参の代表質問が実施されました。  先週は国連総会に野田総理が出席のため、今週は、26日と27日に衆議院予算委員会が開かれ、28日、29日と参議院予算委員会が開催されました。  
   特に参議院は、まさにねじれ国会の主戦場だけに民主・自民・公明の3党合意に基づいた民主党の政権公約いわゆるマニフェストの見直しや、復旧・復興に向けた取り組みなどについて、野田総理大臣の考え方を確認するため、各党とも論客をズラリと並べ緊迫した場面が随所に見られ衆議院議員時代も数々の常任・特別委員会の委員長を経験した私もさすがに緊張いたしました。
   今回の臨時国会は9月30日で一旦閉じられますが、今後は10月中旬にも提出が予定されている第3次補正予算案や復興増税について、政府・与党案の取りまとめを巡り与野党の駆け引きが続きますが、参議院予算委員長として震災復旧・復興の道筋を審議する重責を担うこととなり、中立公正でスピード感を兼ね備えた委員会運営に全力をつくしてまいります。是非、国民の皆様にはご期待いただきたいと存じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・               

   さて、私見ではありますが、場内の野次は、私もほとほと呆れています。確かに野次は議会の華であり、禁止はされていませんが、なるほどと笑いの起こるような野次にしてほしい、と注意いたしました。同僚議員の応援のため傍聴席に陣取る委員会所属以外の議員にも不規則発言に対しては退席を命じることもある、と苦言をいたしました。
 各メディアは、私の発言を以下の通り大きく記事に取り上げ、その後の引き締まった委員会運営は与野党問わず絶賛されました。

「華のあるやじを」=石井委員長が異例の注意-参院予算委
 DSC_0085_convert_20110928192055.jpg         
          
   
28日午前の参院予算委員会で、野党委員席から激しいやじが続いたことを受け、石井一委員長が「やじは議会の華。禁止はしていないが、なるほどと笑いの起こるようなやじにしてほしい」と注意する場面があった。
  最初に質問した自民党の野上浩太郎氏が「政治とカネ」の問題などをめぐり野田佳彦首相らとやりとりした50分間、同党の西田昌司氏らが大声で間断なくやじを飛ばした。与野党勢力が逆転した参院を象徴する光景だが、石井氏は業を煮やした様子で、質問者交代の際、「議会生活四十数年で十数回委員長をやったが、この委員会はやかましい。答えが聞こえない」とたしなめた。さらに、傍聴席からの不規則発言に対しても「退席を命じることもある」と警告した。