富士山を世界遺産に!

DSCN1714_convert_20120820110721.jpg
DSCN1717_convert_20120820110802.jpg 
   私が会長を務める民主党世界遺産議員連盟では、環境省から8月11日に「世界遺産登録に向けた富士山クリーン大作戦」プロジェクトを行う旨の説明を受け、私も会長として「富士山環境美化前期クリーン作戦2012~世界遺産登録に向けた富士山クリーン大作戦~」に参加致しました。いうまでもありませんが、富士山の世界遺産登録に向けた機運を高めるため、静岡県側とも連携して清掃活動実施しました。
  私が参加した山梨県側には国や県、地元市町村、観光団体、民間企業など54団体、一般ボランティアの方々など、約1,600人が参加し、出発式には平野博文・文部科学大臣、南川秀樹・環境事務次官も出席しました。
 9時過ぎに富士吉田市の富士北麓公園を出発し、富士山五合目周辺と河口湖畔に分かれて清掃活動を実施、おりしも当日は日本テレビ系列「24時間テレビ」の関連事業として募集したボランティアによる清掃事業「富士山をきれいにするプロジェクト」も河口湖林道沿いで活動されていました。また、清掃活動に加え、環境美化を啓発するための生分解性ビニールを使ったクリーンバッグや、世界遺産登録をPRする缶バッジを登山客や観光客の皆様に配布いたしました。
 清掃作業終了の11時半過ぎには回収されたごみは、富士山五合目周辺で可燃物120㌔不燃物80㌔、河口湖畔では可燃物35㌔不燃物25㌔、24時間テレビボランティアは可燃物5㌔不燃物20㌔で、併せて285㌔ものゴミを回収しました。 
 我々世界遺産議員連盟では来年、日本が世界遺産に登録されて20周年にあたることも踏まえ、世界遺産法を議員立法で進めることを検討しており今後とも、関係団体からのヒアリングを重ね、年内に提出できるよう頑張りたいと思います。

 尚、後期クリーン作戦は9月に行われる予定で、その際も是非参加したと思います。