タクシン元首相3年ぶりに来日

IMG_2942_convert_20110826111124.jpg        
         
  私は、日本タイ親善友好協会会長として8月24日、来日中のタイのタクシン・シナワット(Thaksin Shinawatra)元首相の歓迎夕食会を主催いたしました。超党派の国会議員約30名、タイに現地法人を有する財界人約10名が参加いたしました。
   タクシン元首相は、皆様ご存じの通り2006年の軍事クーデターで失脚した後、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを拠点に事実上の亡命生活を送っているところであります。今回の来日は、東日本大震災の復興支援が主な目的で、元首相サイドから私のところに宮城県の被災地を訪問したいとのたっての希望があり、汚職事件で実刑判決を受けた元首相は日本の入管難民法の入国禁止対象者に該当いたしますが、私が日本政府に働きかけ、枝野官房長官も元首相の影響力や両国関係を考慮し、特別に入国を許可くれました。来日は2008年8月以来、約3年ぶりとなります。
   タイでは7月の総選挙で、実妹のインラック・シナワット(Yingluck Shinawatra)首相が率いるタクシン派が勝利し、新政権がこのほど発足、元首相は新政権を「後方支援」する形で、欧州やアジアなど海外で活発に活動しており、夕食会の席上、日本とタイの経済連携協定(EPA)を最大限活用するため、両国政府が共通戦略を議論する合同委員会の設置を提案されました。実妹のインラック新政権は、2006年の軍事クーデターで元首相が追放されて以降、タイ国内での政治の混乱が続いておりますが、「新政権は国民和解を前進させる。1年以内に政治、経済の両面で大きな変化が生まれるだろう」と話され、政治の安定と国内経済の回復を目指す新政権の政策をアピールし、日本側に理解を求め日本との経済連携を促進させることを強調されました。

IMG_3070_convert_20110826111229.jpg
主催者として述べた、私の歓迎のスピーチは以下の通りです。

Good evening, ladies and gentlemen, distinguished guests. I am Hajime Ishii, Vice President of the Democratic Party of Japan. It gives me great pleasure to address you all on behalf of the many Japanese Diet members who have gathered here today.
This week, for the first time in two years, the former Prime Minister of the Kingdom of Thailand, the Honorable Thaksin Shinawatra, is paying a visit to Japan. In addition to a schedule of official visits here in Tokyo, the Hon. Thaksin will also make a visit to the cities of Sendai and Ishinomaki, which lie in the area affected by the Great East Japan Earthquake and tsunami.
Thailand is one of the leading nations in South-East Asia, and has enjoyed friendly relations with Japan stretching back over many years. Japan is the number one trading partner, investor and aid provider to Thailand, and so we share an extremely significant bilateral relationship. We must continue to further maintain and develop our friendly relations.
The Pheu Thai party won a decisive victory in the Thai general elections held this July, realizing a change of government. I would like to express my sincere congratulations on the birth of the Yingluck government. I hope that the Hon. Thaksin will be able to fulfill his political goals, by playing a significant role in the new government.
The Japan-Thai Parliamentary Friendship League has a long history, but it has not been very active in recent years. I would like to take the opportunity presented to us by the Hon. Thaksin’s visit to Japan to rebuild the League and work toward strengthening the friendship between our two nations. The Diet members present here today are also committed to actively participating in this process.
The Hon. Thaksin’s visit to Japan on this occasion is very significant in this regard. I would like to end my welcome address by expressing the sincere hope that Your Excellency will be able to make an even greater contribution to Thai politics in future years.

石井一とJ.A.T.P. in Tokyo 盛大に開催

379_convert_20110831104821.jpg 

   8月21日(日)文京シビックホール”大ホール”で、私が会長を務める社団法人日本音楽家協会主催の「第43回サマージャズ ~明日に希望を源流ジャズ~ 」を開催いたしました。
   1953年日劇を興奮の渦に巻き込んだあの歴史的ジャズの祭典、日本版JATPをいまここに再現することは、かねてより私の夢でもありました。もう一度あの時代にタイムスリップし、ノーマン・グランツならぬ、私、石井一がプロデュースするジャズの新企画を、この度提供することが出来ましたことは感激の至りです。  
   前回、この項で触れました通り、私の父が当時、日本マーキュリーレコードの社長をしており、私財を投げ打ってこの企画を受け入れ、ノーマン・グランツ(ジャズ・プロモーター・プロデューサー)の率いる総勢30名を超えるアメリカのトップ・ジャズマンが来日、敗戦後間もない荒廃した東京・羽田空港へ到着し、オープンカー10数台を連ねて銀座へ入りました。私は当時18歳の高校三年生でしたが、ノーマン・グランツを乗せてパレードの先頭車のクライスラーを運転したことが昨日のことのように脳裏を過ぎります。

444_convert_20110831104905.jpg
   すでに58年前の来日時のJATPメンバーのアメリカ側は残念ながら一人も生存されていないが、スペシャルゲストとして当時JATPで競演した経験があり、現在日本に住み93才でなお現役として活動している名ピアニストのサー・チャールス・トンプソンが駆けつけてくれ、その熱演に開場は感激に包まれました。
開場に詰めかけていただいた多くのジャズファンの皆様には普段、なかなか見られない人気プレーヤー達のジャムセッションを大いに堪能していただいたものと確信しております。
   次回は58年前の来日グループに比肩する様な若い世代のプレーヤーを是非集めてみたいと思います。そんな思いも含めて今回のJATP企画を機に毎年継続して行い、多くのミュジシャンに登場頂き、日本のジャズの発展の為に一層寄与したいと考えております。

d201_convert_20110831135704.jpg    

   私がプロデュースしたJ.A.T.P. in Tokyo オールスターズジャズ・アット・ザ・フィルハーモニックのメンバーは下記の通りです。
(スペシャルゲスト・ピアノ)サ・チャールズ・トンプソン/(ピアノ)今田勝/(ベース)藤崎羊一/(ドラム)サバオ渡辺/(ギター)増尾好秋/(ギター)外山恵子/(アルトサックス)五十嵐明要/(テナーサックス)峰厚介/(トランペット)外山喜雄/(トロンボーン)片岡雄三/(クラリネット)藤家虹二/(クラリネット)鈴木孝二