宮城県石巻市の被災地訪問

  3月27日の日曜日にようやく国会日程があきましたので、日帰りで初めて被災地に入りました。最も被害の大きい宮城県石巻市に向かうため、朝6時に東京の自宅を車で出発し、帰宅したのは午後9時を回っていました。現地での滞在時間は5時間程でしたが被災現場、避難所を訪問いたしました。 
 1_convert_20110328180524.jpg  2_convert_20110328180747.jpg     
  まず、被害の大きさに驚きました。16年前の阪神・淡路大震災の被災者であった私といたしましては、当時の被害状況と比して、直下型地震と津波被害の違いを痛感いたしました。阪神・淡路大震災の場合は、街中がれきの山でしたが、崩壊したビル、横倒しとなった電柱、その他の破損物が原型をとどめ残っておりましたが、今回のような津波の被害はすべて泥まみれで粉々になっており、以前その場所に何があったのか判別ができないほどの惨状でした。時折、高い鉄筋のビルの骨組みのみが残る程度で、跡形もなく打ちのめされ、見る影もなく、一面、津波が運んだ泥とがれきの山と化しています。自分の家がどこにあったのかもわからない状況に置かれ、一瞬にして多くの尊い人命が、そして平穏な生活が失われてしまいました。
  私は石巻市の復旧本部を訪ねて亀山紘市長とお会いし、中央政府に対する数々の要望を受けました。市役所の庁舎の中も避難場所として使用されており、被災された方が一睡の余地もないほど毛布に包まり不安な生活を余儀なくされておられます。地震が発生した3月11日から2週間以上が経過していながら、現地はいまだ復興の目処は立っておらず、復興の前にいかに生きるか、明日をどうするかという問題に直面しています。私も民主党地震対策本部副本部長として、今回、阪神・淡路大震災の経験を活かして一日も早い復興に向け微力ながら尽力して参ります。 
  3_convert_20110328180827.jpg  
  前回のこの欄で、石巻市で9日ぶりに、救出された80歳の祖母と16歳の孫が、かつて私の秘書として仕えてくれた阿部明君の母親の寿美さんと息子さんの任くんであることを紹介しましたが、2人が入院している石巻赤十字病院を訪ね、飯沼 一宇院長にまずお会いしました。祖母の寿美さんは既に元気を取り戻して退院されておりました。一人、孫の任君がベットに横たわっており、両親は不在でしたので私の元秘書の明君に会うことができませんでした。入院以来、10日が経過していますが、外部からの面会者は一切受け入れられずに、私が最初の訪問者となりました。
  私が入室するとオドオドしていましたが、私のドスの効いたユーモアを交えた大きな声に緊張がほぐれ、笑顔が徐々に出てきました。「“君は大した少年だ”暗い連日の地震報道のなかで、本当に明るいニュースを日本中に広めてくれた。最初に自分よりもおばさんを助けて、と叫んだ君の行動には日本中が感動したよ」と言ってやりました。まだ両足が大きく腫れあがっていたのでさすってやりました。深々と伸びた頭髪をなでてやったら嬉しそうに首をすくめました。「君は芸術家になりたいそうだが、政治家になっても良いよ。有名になったから」、、、任君はびっくりしたような素振りを見せ、「僕は絵描きになりたいんです」と答え、「よし、頑張れ、いい絵をかけよ」と激励し病院を後にしました。
 私は、今回の被災地訪問の前日、菅総理に今後の備えとして、私がかねてから主張している危機管理副首都構想を実現し、極度の一極集中の首都をバックアップする体制を一日も早く構築しなければならないと、その重要性と緊急性を訴え、菅総理も私のこの構想に「大切なことだ」と、理解を示しました。

私の元秘書の家族が奇跡の生還 被災地の朗報

   このたびの、東日本大震災の激震地の中心地である宮城県石巻市で80歳の祖母と16歳の孫が9日ぶりに、倒壊した家屋から救出されたとのニュースを目にいたしました。
 孫は体温が28度まで低下するなど衰弱し、文字通り「奇跡の生還」であります。厳しい避難所暮らしに耐えている被災者だけでなく、困難と闘う列島の人々すべてに希望を与える朗報と言えます。
 実は、救出されたお二人は、かつて私の秘書として仕えてくれた阿部明氏の母親の寿美さんと息子さんの任くんであることが判明しました。家は倒壊し、津波に流されましたが、2人はかろうじて残った2階台所の空間に身を置き、冷蔵庫にあったヨーグルトや菓子などを分け合って食べ、命をつないだとのことです。
 そして20日、任くんが子供が通れるほどの隙間を見つけ、屋根裏を突き破って屋根にはい上がり、声の限り助けを求めていたところを、周囲を捜索していた石巻署員に発見され、寒さで震えながらも「家の中におばあちゃんがいる」と必死で訴えそうです。 私は、居ても立ってもいられず、激励の手紙をしたためました。
 DSCN0620_convert_20110324125920.jpg
 地震でがれきなどの生き埋めになった人の生存率は、72時間(丸3日)を過ぎると1割を切るといわれています。私もかつて、平成7年の阪神・淡路大震災を経験しましたが、確か5日目までは救命例があったと記憶していますが、16年の新潟県中越地震では、土砂崩れ現場から92時間ぶりに2歳男児が救出されたこともありました。決して諦めない気持ちの強さでつないだ絆が、2人に奇跡をもたらしたと言えるでしょう。本当に良かった。 
 今回の震災の死者・行方不明者は、21日現在で2万人を超え、戦後最大の自然災害となり、かろうじて生き残ることのできた方々も避難所などで、つらい暮らしを強いられておられます。
  私も、「民主党東北地方太平洋沖地震対策本部」副本部長として、今回の震災における初期の混乱が収まりつつあるとの認識はもってはおりますが、一部の地域では仮設住宅の建設も始まり、これから具体的にどのように復興していくのか、それが重要です。今朝の日本経済新聞に「復旧」ではなくて「復興」と書いてありました、まさしくそのとおりだと思います。震災前の状態にただ戻すのではなく、震災に負けない、もっと素晴らしい未来型の東北を創っていくことが大事です。
 そのためには、多くの人々の知恵が必要で、私も私の立場で一層頑張ってまいります。

東北地方太平洋沖地震対策副本部長就任

   3月11日午後2時46分、東日本巨大地震が東北を襲いました。当初マグニチュード7.4と発表された地震規模は3回訂正され、8.8となり、さらに9.0に再訂正され日本が地震を観測できるようになってから過去最大級の地震となってしまいました。数百キロにわたって断層がずれるほどの規模です。
 私は、国会の事務所で統一地方選挙に向けて来客と接客中でしたが、大きな地震特有のなんともいえない揺れが始まり、みるみるうちに激しくなり、書類が飛びまくり壁の額が壊れ、来客が狼狽える光景となりました。
 それにしても首都東京は自然災害に弱く、一極集中の超過密都市です。危機管理都市推進議員連盟の会長として、首都・東京の大地震やテロに備え、首都の代替機能を持つ副首都建設を目指す私としては、改めてその必要性を実感しました。
 さて、今回の地震はどうやら、地震そのものよりも、その直後から何度も襲ってくる大津波による被害が甚大であることが分かってきました。インターネットから流れる数々の映像で、町全体が津波に飲み込まれる姿が、繰り返し流れ、しかも一つの町だけではなく多くの町で同じような事態になっています。今のところ犠牲者の方は報道されている範囲でしかわかりませんが、町そのものがなくなってしまっていることを考えると、残念ながら報道されている何倍、いや何十倍になるかもしれません。なんと言ったらよいのか胸が締め付けられる思いです。
 私は政府与党の一員として「民主党東北地方太平洋沖地震対策本部」副本部長として、度重なる地震対策会議に出席し、阪神・淡路大震災の体験を活かし積極的に発言し、防衛省や消防庁を始め各省庁に督促して次々に的確な行動を起こしております。菅総理には直接電話をかけ、国の最高責任者としてテレビを通じて国民の皆様に協力を呼びかけるよう進言しました。菅総理は直ちにそれに従いました。被災地に派遣する自衛隊の規模も2万人→5万人→10万人態勢に拡大し、被害については激甚災害に指定する政令を決定し、全国の自治体に対し、災害復旧事業に対する国庫補助のかさ上げなど財政支援の要請、福島第1原発周辺の避難区域を、これまでの半径10キロ圏内から同20キロ圏内に拡大することを決めました。また、片山総務大臣に対しては、被災地の統一地方選挙の日程を見直すよう選挙対策委員長として要請いたしました。
 今できること、それは一致協力して人命救助と二次災害抑制に全力を上げることです。そして、更に被害者の方への仮設住宅の建設や生活不安をなくするため、国としての温かい適切な手立てを次々と打つことです。とにかく、できることはなんでもやることです。 一方、未曾有の困難の中でやみくもに動いても混乱を招くだけだ、今、この瞬間に何ができるのか、まさに組織として系統だった動きが望まれます。その指示を発せるのは政府与党の民主党政権です。私もリーダーシップを発揮して存分の力を発揮して参ります。
 尚、民主党では東北地方太平洋沖地震による被災地支援のため義援金を受け付けています。振込口座は下記の通りです。
■郵便振替の場合
「民主党募金口座」(記号)00110-6(番号)65328
■銀行振込の場合(りそな銀行衆議院支店・普通預金)
「民主党募金口座」(店番)328(口座番号)7815354
  又、食料品、飲料水等の提供を希望される場合のお問い合わせは、下記の通りです。
■民主党参議院比例区第8総支部
電話:078-333-0050